迷えるお買い物沼でたどり着いたオーガニックコットン

2021.5.14

やっさん やっさん

最近はまっているのは小麦からおこす酵母を育てること、運営スタッフやっさんです。

私はなかなか物を買うことができない性格です。
これはどんな風に作られたのか、本当に気に入って最後まで使いきれるのか、色々と考えてしまいます。

やらずに後悔するよりやって後悔した方がいいとかいいますが、買ったら後戻りはできません。最後までその子の面倒をみなければなりません。
なんだかペットの話をしているみたいですが・・・

考えすぎて迷っている間に季節が変わったり、売り切れて買えなかったりとろくなことがないのはわかってはいます。短い人生、お買い物に悩む時間で無駄にしているのだから、他人からみたらしょーもないと思われるかもしれません。
でもしょうがないです。
自分の理想的なものを手に入れるには、現実の経済力と自分の持ち得るセンスが足りないんでしょうね。

ところが最近、うっかりよく考えもせずにお買い物してしまいました。
たまたまバイヤーさんに聞いて存在を知ったオーガニックコットンのただの白いTシャツです。

理由としては、まず白いTシャツは定番アイテムだし、消耗品に近いので買って着ないということがありません。
それから想像以上に肌触りが柔らかで癒されました。
こんなシャツで寝たらよく眠れそうだなという感じ。

オーガニックコットンっていうのはよくわかっていなくて、食べ物じゃないんだからオーガニックじゃなくても・・・と思ったら、違うんですね。
普通の綿は、大量の農薬が使われていて土壌を汚染したり、そのせいで生態系が崩れたりと悪いことばかり。
今後コットン製品を買うのを辞めようかという位、環境に負担がかかっていました。

『普通の綿花栽培では、かなりの量の化学肥料と農薬が使われています。
農薬は害虫駆除、雑草の管理、防カビや殺菌消毒、収穫前の落葉剤などで、国ごとに厳しい規制が設けられていますが、それでも環境や農家の人たちの健康に影響を与えます。
また過剰な化学肥料が土壌に残ると地下水の汚染、土壌微生物の消滅などにより、作物を育てる土壌の力が減少します。』

(引用元:日本オーガニックコットン協会)

オーガニックって言葉はよく免罪符のように表現されていてあまり好きではなかったんですが、コットンに関しては今後ぜひオーガニックを選びたい。
センスに加えてこうやって知識もつけていけば、お買い物を決断できる自分になれるかもしれないなあ・・・。
そんなことを思わせてくれたTシャツとの出会いでした。

▼オーガニックコットンサーキュラージャージーシリーズはこちら

チェックしてみるとオーガニックコットン使用のTシャツを販売しているブランドは他にもあり、身近な無印良品さんやアウトドアブランドのパタゴニアさんなどもしっかり取り組まれていました。

ハンプティーのオーガニックコットンTシャツは買いやすい価格と普通なのがいい感じです。
程よい開きのクルーネック、短すぎないからお腹をカバーできて嬉しい丈感、脇の縫い目がないから快適なところ、とにかく普通。
足りないところ、気になるところが特にない。普通。

ついでにこちらもオーガニックコットン使用です!ぜひ。

▼パネルワンピース

▼オーガニックコットンピンタックワンピース