タグ: #ジャム作り

ジェラートショップAlbero.(アルベロ)さんへ行ってきました

2021.6.14

やっさん やっさん

先日、高崎市榛名にあるジェラートショップ、Albero.(アルベロ)さんに行ってきました。
7月にジェラートギフトの販売予定があるので、その打ち合わせです。

昔から果樹園が多くある榛名地域。
小高い土地に梨やプラムなどの果樹園が並ぶ、まぶしい緑の中を進むとおしゃれなジェラートショップが見えてきます。
平日の午前中だというのに、ジェラートを求めてやってくるお客さんたちが次から次へと訪れていました。

ひんやりと心地よい冷たさとなめらかな舌触りとともに口に広がるフルーツの味。
榛名の大地の恵みをそのまま味わうようなジェラートを、豊かな自然の中で味わうのは本当に贅沢な時間ですね~。

2年前にもジェラートを扱う機会があり、アルベロさんにお話を伺いに行ったことがあります。
その時はアルベロさんのジェラートへの想いや信念に、少し怖くなったのを覚えています。

果物を育てること、ジェラートを何故作るのか、アルベロを立ち上げたお二人にはその神聖な領域があるような気がしたというか・・・。

それでも、ジェラートは数百円で買うことができる日常の食べ物。
緊張もしますが、賑わう店内の雰囲気を、初夏の空気を吸いながら食べたおいしさを、今回もたくさんの方に知っていただけたらなと思います。

ちなみにお伺いした時のラインナップは、とうもろこしやいちごヨーグルト、マスカルパインなどなど。
ぜひ夏の販売を楽しみにお待ちください!

▼販売開始しました!詳しくはコチラ

***

ところで、旬の果物をおいしく食べるということに感化された私。
実家の杏子がたくさん生っているのに気づいて、落ちてしまう前にと慌てて色々作りました。

杏子って実が色づいたと思ったら木から落ちてつぶれ、落ちる前に採っておくと数時間で痛んでしまい、と忙しいんです。
なので急いでジャムやらコンポートやら、タルト、コンフィとかいう何だかよくわからないものまで色々と。

結局ほとんどが木から落ちてつぶれてしまいましたが、満足の初夏の一日でした。

私は空き瓶を使ってしまいましたが、ジャムやコンポートの保存にはかっこいいWECK(ウェック)のガラス容器ならいい気分に。
様々なサイズがあるので、おすそ分けする時にもおすすめです。

▼WECK(ウェック) モールドシェイプ 500ml のご購入はコチラ